04月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月


漏斗胸という先天性の胸骨の形成不全と生まれたときから戦っているロート
ロート_7254


保護時はまだ生後2週間程度の乳飲み子で、重症の猫風邪も患っていたため猫風邪の治療をしながら人工哺育をしていたのですが、猫風邪で鼻が詰まり漏斗胸が悪さをして息が続かずミルクを自力で飲めなかったので、カテーテルで胃にミルクを直接流して育てました。
呼吸が苦しく、ミルクの強制給餌も激しく嫌がるので余計苦しくなり、生きていることすら辛そうな時もありました。

一番苦しかった当時の写真です
IMG_4697.jpg

良くここまで育ったなあ・・・というのが本音です。
漏斗胸+感染症で自力でミルクも飲まない・・・いつどうなってもおかしくないと思っていました。


しかし猫風邪も落ち着いて、ある日を境に非常に元気になり、普通の子猫と変わらなく遊ぶようになっていきました。
猫風邪でしばらく視界がなかったミミック兄弟たちと一緒に育ち、楽しそうな時間が増えていきました。
ロート_7944
現在では一緒に育ったミミックたちより小柄なものの、一番機敏ですばしっこく、高いところもどんどん上ります。

優しいアリー母さんもできて、綺麗に舐めてもらいおっぱいも飲ませてもらえました
ロート_1046

7月は譲渡予約会にも初めて兄弟たちと参加してみました
ロート_993


インターネットで漏斗胸や手術のことについて調べたり獣医さんにも相談し、漏斗胸の手術はなるべく小さい子猫のうちがいいことがわかり、かかりつけの病院では手術ができないため、帯広畜産大学へ連絡してみました。

お電話を先生にかわってくださり、これまでの経緯と状況をお話しました。
すると、なんと・・・手術ができると

最悪道外での手術になるかもしれないことも考えていたので、わりと近い帯広で手術が受けられるのはロートの負担を考えても本当にうれしかったです。

そしてまずは手術が必要なレベルかどうか判断したいので・・・ということで、先日、受診してきました。
ロート_4246
レントゲンでももろに胸骨が凹んいるのがわかります。
やはりロートの場合、重度の漏斗胸ということで、術前検査も問題なかったため漏斗胸矯正手術を受けることになりました

手術ですから、あまり想像したくはないですが最悪の事態の説明もあり、手術には多少のリスクはつきものですし、何より成功したら普通の猫と変わらなくなるそうで、予後がいいということもあり手術を決めました。

生まれてからまだ3カ月くらいしかたっていないのに、飼い主に保健所へ捨てられる⇒重症の猫風邪(兄弟3頭死亡)⇒強制給餌⇒漏斗胸と判明・・・・・・・と、数々の試練を乗り越えてきたロート
苦しく、つらいことのほうが多かったと思います。

でも、やっと明るい未来が見え始めました 希望の光がさしてきましたロートの時代がすぐそこまで・・・

手術は8/10です
ドキドキします・・・・。
必ず成功して、帰ってきてほしい
術後数か月は、胸に装着する固定板のようなものがありますので、これはこれで窮屈かと思いますが、慣れてもらうしかありません。頑張ってもらいます。

どうか、無事に成功しますよう皆さんロートにパワーを送ってくださいね
ロート




一人でも多くの方に動物達の状況を知って頂き、新しい飼い主(里親)さまとの
出会いのきっかけになればと思いランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へにほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
ポチッとクリックお願いします

こちらも是非ご覧くださいね 
hp1.gif

facebookページもぜひご覧くださいね(^^)
facebook-bana.jpg




 ペット

| Top |