09月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月


暖かくなってきましたね♪
雪も解け、周りを見渡せば・・・ほほえましい(?)親子猫の姿。
いわゆる野良ネコちゃんたちも活動的になる時期です。

あなたの暮らす地域でも野良猫はいませんか?

そういえば最近聞くようになった「地域猫」
みなさんは何なのか知っていますか?


地域猫(ちいきねこ)とは・・・
野良猫が住みつく場所で、地域住民の認知と合意の上で共同管理されている猫の通称である。
増え過ぎてしまった野良猫の数を抑制し、住民やボランティア等が共同管理することで、猫が起こす様々な問題に対応していく活動である。
なお、地域猫活動に法律上の定義は存在せず、猫の管理実態によっては飼い主のいる、または飼い主のいない猫として取り扱われる。

― ウィキペディアより引用 ―



去年の7月京都府では「野良猫への不適切な餌やりの禁止」に関する条例が
定められ、様々な意見がネット等のメディアで話題になりましたね。


釧路市(北海道)ではそのような条例はまだありませんが、
野良猫が多い釧路でも、地域猫の活動が広まればいいなと思い、記事にしました。

地域猫と簡単に言っても、様々な取り組みが必要なのが現実。
じゃぁやりましょうと簡単にはできないのです。

●飼い猫の野良化の防止⇒迷子札等の装着(義務にする・・・?)
●地域猫のTNR活動⇒増やさないために(費用の助成・・・?)
●猫を助けたい人も、猫が好きじゃない人も納得のできる方法で・・・(反対されたら・・?)

などなど・・・。
京都府でも様々な意見があり、パブリックコメントを実施し、
何度も協議されていたように、賛同を得るのは大変です。

ましてや動物や猫が好きではない人にとっては理解しがたいもの・・・
猫に限らず、動物と共生していける地域づくりをすすめていくには
たくさんの時間をかける必要があります。


じゃあ動物が嫌いなら関わらなければ?と思う方もいらっしゃるでしょうが、
京都府のように、条例を設立せざるを得なかった理由の一つである
不適切な餌やりや不適切な飼育による「苦情」があるのが現実。
苦情の根源は、動物好きな人の悪気のない行動がほとんど。
(中には悪気があってやっているものも)

きっと、適切に管理されていれば、
もっと理解は早いのかもしれません。


では一体どんな苦情があるのか??

私たちが暮らす釧路管内に寄せられた
「猫に対する苦情」のランキングは・・・

1位 糞尿によるもの
2位 餌付けによるもの
3位 敷地侵入によるもの


と、1~3位が3/4を占めている状態です!

例えば・・・・動物嫌いな人の新築のおうちの敷地に、
近所の餌やりしている猫が居座ったり、
うんちをしていかれたらたまったものではないですよね。

猫に限らず、犬の散歩時の糞の始末についても同じですね。
これはいくら動物好きでもいや~な気分になります。
とくにこの季節、融けた雪の中から犬の糞が出てくるのは…。

釧路では猫に関する苦情だけで、1年弱で約60件も寄せられています。
苦情とならなくても、迷惑と思っている方はきっともっといるはず…。


釧路でも「地域猫」活動が地域住民・行政そしてボランティアが一体となり
実行できる時が来るといいな~と思っています。

そのためには、動物を飼っている私たちが現状を知り、
動物が嫌いな人にも理解される地域を作っていく努力をしていくことが大事かもしれません。


保健所への持ち込みと殺処分ゼロの町、そして動物と人間が共生できる町、釧路を目指して!






一人でも多くの方に動物達の状況を知って頂き、新しい飼い主(里親)さまとの
出会いのきっかけになればと思いランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へにほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
ポチッとクリックお願いします
こちらも是非ご覧くださいね
hp1.gif
facebookページもぜひご覧くださいね(^^)
facebook-bana.jpg


 ペット

| Top |