08月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月


先日の熊本地震では多くの方が被害に遭われ、今も自宅に戻ることができず避難生活を余儀なくされている方もいます。
そんな中で、「犬を保護しています」「猫を探しています」という言葉をよく見かけます。
私も最近また色々と調べたので、大事な家族の動物のために知って欲しい思います。
知っていますか?
現在、環境省では「ペットと同行避難」を推奨しています。 (環境省 災害時におけるペットの救護対策ガイドライン)



北海道動物の愛護及び管理に関する条例にも「災害が起きたときには、動物と一緒に避難しましょう」とあります。
(現在釧路には同伴避難できる避難所はありません。同行、同伴避難でそれぞれ違いもあります。各自治体に事前確認することも大切ですね。)
同行避難とは…災害発生時に飼い主が飼育しているペットを同行し、避難所まで安全に避難することです。避難所において人とペットが同一の空間で居住できることを意味するものではありません。それぞれの避難所のルールに従ってください。(東京都福祉保健局)
同伴避難とは…動物と共に避難し、人と同じ空間で生活することができる

このように似ていても全然違うのです。
混同してしまい、ペット可と聞いた避難所に行くが結局一緒に生活出来ないため結局車中泊になってしまったという話もちらほら聞きます。
知っておくことだけでも大切ですね。
避難所には多くの方が身を寄せ合う場所です。
動物のアレルギーの方や、苦手な方ももちろんいます。
そして支援物資も人が優先ですので動物のための物資は後になり個人や団体での支援が必要となることもあるでしょう。


以前は、避難所に動物を連れて行くなんてと思うことが普通になっていたかもしれません。
しかし大事な家族です。置いて行くなんて考えられませんよね?
では、事前に準備できることはなんでしょうか?


このポスター見たことがある方もいるかと思います!















動物病院などに貼っているところもありますね。新潟県獣医師会のものです。
私は見かけるたびに自分は大丈夫かな?と確認しています。



 
★準備しておくものの例★
  • 治療に必要な薬や食事

  • 水やフード(5~7日分はあったほうが安心)

  • リードや首輪

  • ケージ、キャリーバッグ

  • ワクチンや既往歴、かかりつけ病院の情報

  • 写真、携帯に保存しておく

  • ペットシーツやオムツ、トイレ砂

  • タオルやブラシ

  • 洗濯ネット(猫の場合)

  • 食器

  • ガムテープ、新聞紙 (補強など多様に使用)

  • おもちゃ



  • ★準備しておくこと★
  • ケージに入ることに慣れさせる

  • 無駄吠えをせず、指示に従う

  • 人や他の動物を嫌がらない

  • トイレを決められたところでする

  • 迷子札やマイクロチップなど飼い主がわかるようにする

  • 狂犬病注射、各種ワクチンを受ける事

  • 去勢、避妊手術を受けている事

  • あくまで参考例ですが、何かあってからではなく事前の準備って大事だと日頃思ってても出来ないですよね?
    これを機に大事な犬猫のために準備をしてもらえるといいなと思います(❁´◡`❁)*✲゚* 




    最後になりましたが、被災された方にいつもの日常が早く戻ることを願っています。


    一人でも多くの方に動物達の状況を知って頂き、新しい飼い主(里親)さまとの
    出会いのきっかけになればと思いランキングに参加しています。
    にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へにほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
    にほんブログ村
    ポチッとクリックお願いします
    こちらも是非ご覧くださいね
    hp1.gif
    facebookページもぜひご覧くださいね(^^)
    facebook-bana.jpg




     ペット

    | Top |