07月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月


今日は、約2年前に旭川市へ(現在は札幌市在住)旅立っていった、ジャックの近況をご紹介いたします。

私が初めて保健所から自宅で保護した、とても思い入れのあるワンちゃんです。

ジャックを保護した日は、忘れもしない 東日本大震災の2011年3月11日・・・

私はその日は標茶保健所へ子犬の引き取りに行っていました。
保健所にて兄弟はもらわれ、1匹だけ残ってしまい、収容期限の過ぎた子犬。

その名も、【仮名/わさお】
l_24bd18fe27c7b47713971463022a032bd872be9a.jpg
(犬パルボ回復後の写真です)

標茶保健所から戻り、2人でシャンプーをしている最中に揺れ始め、テレビを見て大慌てし、シャンプーを途中で中止して車にわさおを乗せて自宅へ走りました。
自宅には当時2歳の娘と愛犬、母がいました。

幸い釧路地方は津波の被害も少なく、自宅は無事でした。

それから1週間ほどたちトイレも完璧に覚えた!
あったまいい〜( *´艸`)

と、思っていた矢先にわさおの異変が・・・。

嘔吐を繰り返し、食欲不振と下痢が始まりました。
急いで病院へ行くと、【犬パルボ】を発症していました。

【犬パルボウイルス感染症とは?】
成犬も含めて離乳期以降の犬がかかる「腸炎型」と、生後3~9週齢の子犬がかかる「心筋炎型」の2タイプがあります。
腸炎型は、激しい嘔吐と下痢を繰り返し、悪化すると、悪臭のあるトマトジュースのような粘液性の血便をし、重度の脱水症状を起こします。また心筋炎型は、健康そうに見えた子犬が突然、虚脱や呼吸困難を起こし、急死するものです。

子犬の場合は特に致死率の高い非常に恐ろしい病気です。感染犬の便や嘔吐物、それらに汚染されたものへの接触を通じ、口や鼻から感染します。


幸い、うちの犬は混合ワクチンを毎年接種していますので、無症状でした。

毎日2回の点滴にインターフェロンと通院しましたが、ガリガリに痩せ、真っ赤な血便をしてみるみる弱っていく
わさお。
やがて立つのもやっとになり、ほとんど寝たきりに・・・。
もうだめかと何度も思いました。
夜も1週間ほとんど寝ずにつきっきりで看病。

発症から1週間して、やっと鳥のささみの茹でたものを食べてくれるようになったときは
号泣しました。

助かって本当に良かった
l_0cb96daf1a63674a967d3cdd844b16c662e4a651.jpg
(保護中、うちの犬と遊ぶジャック)

そして今でもこうして幸せに暮らしているジャックを見ることができて、本当に本当にうれしいです
以前いただいた写真より大きくなり、風格も増しましたね( *´艸`)
お子様たちも、大きくなったでしょうか?
002[1]
(最近いただいた写真です)

ジャック(わさお)
(以前、いただいたお写真です)

Uさん、お写真ありがとうございました(#^^#)
またお願いします



一人でも多くの方に動物達の状況を知って頂き、新しい飼い主(里親)さまとの
出会いのきっかけになればと思いランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へにほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
ポチッとクリックお願いします

こちらも是非ご覧くださいね 
hp1.gif

facebookページもぜひご覧くださいね(^^)
facebook-bana.jpg


 ペット
















管理者のみ閲覧可能にする

Trackback URL
» http://kushiroredheart.blog110.fc2.com/tb.php/448-655f2d17
» FC2blog user only

| Top |