07月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月


乳飲み子の頃から、何度か命の危機にあったヤマコ。
まずは以前のブログをご覧下さい

以前のブログ

ご覧いただけましたか?
残念ながら霧フェスでは運命の出会いはなく、その後お問い合わせをいただき、トライアルに入っていましたが、先住犬との相性の問題で戻ってきました。
念のために言っておきますが、犬と猫とは全く違う生き物です。
よく「猫は小さな犬ではない!」とも言われます。
ヤマコは我が家の大型犬は平気です。
この場合の平気とは、「ケンカをしない」という意味です。
犬と寄り添って一緒に眠るのは、やんちゃなヤマコには無理かもしれません。
もちろん相性の問題はありますから、可能かもしれません。

前置きが長くなりました。
肛門の経過をお話します。
肛門周囲の皮膚が壊死し、その後順調に治りかけていましたが…。
治ろうとする力が強く、どんどん皮膚が盛ってきて肛門が小さくなり、排便が困難な状態になりました。
ある日、ウンチをしようと頑張っても頑張っても出ず、嘔吐するようになりました。
ウンチが出ないのですから、当然食欲も落ちました。
動物病院で便を軟らかくするお薬をもらい、ドロドロのウンチを少しずつ、常に出ている状態にし、なんとか維持しました。
今思うと、これは本当にかわいそうでした。
起きていても寝ていても常にウンチが出るのです。
いつもお尻とかかとが汚れ、とてもフリーで飼える状態ではなかったのでケージ管理、私もケージに付いたウンチの掃除に追われました。
ヤマコも一日に何回もお尻をシャワーで流され…よく耐えたと思います。
毎日通院し、処置をしてもらいましたが追いつかず、ついに手術をすることになりました。
小さな体の小さな肛門を手術するのは難しい。上手くいかないかもしれないし、再手術の可能性もあるとのお話でした。
それでもウンチが出ないのをなんとかしなければ、ヤマコ本人の状態がどんどん悪くなってしまいます。

…そして…
幸い手術は無事成功し、3日間入院予定のところ、手術翌日に退院、順調に太いウンチが自分の意思で出るようになり、今に至ります。
正直、太いウンチが出るようになっても、自分の意思で出すのは無理ではないかと思っていましたので、トイレできばっているのを見たときは、本当にうれしかったです。
ごはんをしっかり食べ、しっかり出し、普通の子猫として生活できるまでになりました。

ヤマコ
『布団に乗せられる日が来るとは!』

長くなりそうなので、今回はこのあたりで…。
次はヤマコの性格について書きたいと思います
長い文章、お付き合いいただきありがとうございました。
よろしければ次回も読んでください

ヤマコ1008





一人でも多くの方に動物達の状況を知って頂き、新しい飼い主(里親)さまとの
出会いのきっかけになればと思いランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へにほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
ポチッとクリックお願いします

こちらも是非ご覧くださいね 
hp1.gif

facebookページもぜひご覧くださいね(^^)
facebook-bana.jpg



 ペット

| Top |