08月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月


2013年12月14日-譲渡予約会ブログ

先日、釧路保健所からMダックスをレスキューしました!

ザッと経緯を紹介しますと・・・
迷い犬として収容され飼い主さんのお迎えがなく・・・新しい飼い主さんの元へ譲渡されましたが、二週間ほどで保健所へ戻ってきました。

理由は「噛む」から。

トリミングに出してトリマーさんも噛まれたし、飼い主さんの手も傷だらけだったそうです。
そうなると保健所からの一般譲渡は出来ず、殺処分となります。


さぁ噛む犬です。と言われて預かるのは中々ドキドキするものです(笑)

どんな顔をしているのかな~
kennto.jpg

体はトリミングの途中なのか毛はガタガタ・・・この写真では分かりずらいですが、背骨あばら骨が浮き出ていて痩せています。

クリーム色のミニチュアダックスフントのオスです。仮名は「ケント」にしました。特に意味はありません(笑)
この時点では未去勢で推定年齢5~7歳位でしょうか?
色々体を触ってみましたが、噛みません。尻尾を振って愛想よくしています。


「トリミングが嫌だったのかな?」という事になり、一先ず帰宅。


ご飯をあげたら、すごい勢いで完食しました。

「おっと。駆虫薬をあげ忘れていた・・・。」
これが悲劇の始まりでした(笑)


怒るようなら止めようと思い、薬をあげるのに口を開けさせようとしました。

「おや?開けない。」どれどれ犬歯の場所をクッと押すと、大抵の子は口を開けてくれるので押したかな・・・の瞬間ガブリ!!
kennto2.jpg
(写真はただの欠伸の時の写真です(笑))

見事な本気噛みでした。ほとんど唸らず、いきなりでした。

その後、噛むことはいけない事だと教えようと叱ると牙を出し向かってきました。
「この子には怒っても逆効果だな・・・」と思ったので、冷静に「おいで。怒ってないから。おいで」と言うとケントもそれ以上は向かってきませんでした。

その代り、その時ケントは空を見るような無の表情でした。

なんと言ったらいいのか、感情が何も感じられない表情でした。
その顔を見た時、本当に悲しくなりました。
彼が今日まで、どんな思いをしてどんな経験をしてきたのか。

幸いケントが噛むのは嫌な事をした時、無理強いした時だったので「その状況を作らない」という事で解決します。
やたらに噛むような子ではありませんでした。

それでも、やはりトリミングや病院での診察など我慢が必要な場面も出て来てしまいます。そんな時は無理せず「口輪」をすると良いと思います。
彼も嫌がらずに口輪をさせてくれます。

噛むからという理由で飼育放棄されてしまいましたが、そんな彼を理解し楽しい時も辛い時も一緒に居てくれる本当の家族に巡り合える日を待ち望んでいます。

ちなみに初日以降、一度も噛まれていませんので今では「噛む」事はそんなに気になりません。
ただ小さいお子さんのいる家庭では万が一という事が考えられます。
お子さんの年齢によっては譲渡が出来ない場合もございます。あらかじめ、ご了承ください。






一人でも多くの方に動物達の状況を知って頂き、新しい飼い主(里親)さまとの
出会いのきっかけになればと思いランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へにほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
ポチッとクリックお願いします

こちらも是非ご覧くださいね 
hp1.gif

facebookページもぜひご覧くださいね(^^)
facebook-bana.jpg


 ペット

| Top |