08月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月


会員内で密かに人気がありますこのシリーズ、今回はクラシックタビーについてです。
クラシックタビーは脇腹に渦巻き状の模様のある、いわゆるアメショー(アメリカンショートヘア)柄のことなので、『毛色』ではないのですが、あしからず。

一般的な縞模様は5/25のブログで少しお話ししましたマッカレルタビーです
なのになぜ、一般的ではないほうを クラシック=古典 というのかは謎です

この模様を持つ卒業生は~
我が家お預かりだったモカくんマロンくん兄弟!
クラシックタビー
茶トラなので、レッドクラシックタビーとなります。

そして現在募集中の子ではチョコタルト兄弟のチョコ
チョコ
見事な渦巻き模様ですね

マッカレルタビーのタルト共々よろしくお願いします
チョコタルト

その他、やんちゃな大吉小吉兄弟もいます。
大吉小吉大吉小吉2


ここで少し考えていただきたいのです。
悲しいかな日本には『流行犬種』や『流行猫種』があります。
当然どの国にも『人気犬種』や『人気猫種』はあります。
ドイツではジャーマンシェパード、アメリカではラブラドールレトリバーなどに根強い人気があるようです。
…気づいてもらえましたか?
「根強い」人気なのです。アメリカのラブラドールにおいては23年連続人気第1位だそうです。
一時の「流行」ではないのです。
犬の話が続きますが、某CMが大流行した時はチワワ、テディベアカットがかわいいと現在はトイ・プードル。
純血種にはそれぞれ魅力があり、それを否定するつもりは全くなく(むしろ私は犬種オタクなんですが)、衝動的に飼うのではなく、その犬種の特徴をわかって飼っていますか?
この間、犬種の流行を皮肉って『御三家』としてトイプー、チワワ、ダックスを挙げている人がいました

猫はそれほど顕著ではありませんが、やはり・・・ここ20年ほどの流れとしてはアメショー→スコティッシュ→マンチカンあたりでしょうか?
渦巻き模様や折れ耳、短足・・・どれもかわいい特徴です。
ですが流行の猫種に遅れて、保健所に持ち込まれる子や野良猫の中に渦巻き模様の子や折れ耳の子がいたりするのは残念なことです。
これらは遺伝的特徴なので、純血種が逃げ出したり捨てられたり、望まない繁殖で増えた命が捨てられたり。
そうやって保健所に入って私たちの元に来ていると考えれば複雑な気持ちです。
先日、「数年後には短足の子猫が持ち込まれるんじゃないの?」なんて冗談を言って笑っていましたが、冗談で終わって欲しいものです。


では最後にオマケ画像
king cheetah
キングチーターといって、これも遺伝子のなせる業です。
初めて見た時は「アメショー柄のチーター」と衝撃を受けました(笑)
 





一人でも多くの方に動物達の状況を知って頂き、新しい飼い主(里親)さまとの
出会いのきっかけになればと思いランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へにほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
ポチッとクリックお願いします

こちらも是非ご覧くださいね 
hp1.gif

facebookページもぜひご覧くださいね(^^)
facebook-bana.jpg


 ペット

| Top |