07月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月


2014年6月9日啓発ポスターBLOG

6-22.jpg

今日は普段私たち(厳密には会員Y?)が、どんな感じで乳飲み子を育てているのかをご紹介いたします。

先ずは保温。使い捨てカイロやペットヒーターなどを使い保温します。

仔猫同士だけでは釧路の気候では寒くて弱ってしまいます。

お母さんが温めてあげるように、保温は必須です。


ではミルクをあげましょうか。

日齢により一日に与えるミルクの回数は変わります。

3時間おき、4時間おきと成長に合わせて変化していきます。

大抵のミルクは10mlのお湯に対して付属のスプーンで摺り切り一杯のミルクを溶かします。
010.jpg

最初は一回の授乳で5mlしか飲まなかったのが10ml20mlと飲む量が増えていきます。

すると4匹兄妹だと20ml作っていたミルクが40ml80mlと作るミルクの量が増えていきます。

それが一日に最初は6~8回です。それが5~6回に4~5回なっていきます。

ミルクの消費量は半端ではありません!(笑)

なので一缶でも二缶でもミルクを寄付していただけるのは大変ありがたいです。ミルクも高いんですよね・・・。


ミルクを作ったら適温になるまで冷まします。

その間に排泄をさせます。

仔猫は自力で排泄できませんので、ティッシュで刺激して排泄を促します。

それがまた沢山のティッシュを使います!
それが此方・・・
012_20140518130545c37.jpg

これで仔猫八匹分の排泄の処理をした後です。
これがウンチであったり、ましてやそれが下痢便だったりすると更にティッシュを使います。

箱ティッシュ、それを捨てるためのゴミ袋などの寄付は本当に有難いです( ;∀;)

さぁ適温になったのを確認したら飲ませましょう!!
ゴマちゃん
小夜ちゃん
うっとり。至福の時間・・・(笑)


健康な子猫ならグビグビ飲んでくれます。

仔猫はグビグビミルクを飲んで寝て、飲んで寝てを繰り返します。
羨ましいですね(笑)

そうして日に10g~30g位体重を増やしていき、歯が生えてきたら離乳への準備をしていきます。


離乳食を食べてくれれば手が掛からない?ほっほっほ。ご冗談を奥様。

ずっとミルクを飲んでいてくれたら楽なのに・・・と思うのは私だけかしら?

乳飲子たちはこの後「離乳食戦争」を経験するのです・・・。それはまた次回・・・(笑)
小夜ちゃん2
まだ「離乳食戦争」を経験する前のあどけない顔♪



一人でも多くの方に動物達の状況を知って頂き、新しい飼い主(里親)さまとの
出会いのきっかけになればと思いランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へにほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
ポチッとクリックお願いします

こちらも是非ご覧くださいね 
hp1.gif

facebookページもぜひご覧くださいね(^^)
facebook-bana.jpg


 ペット

| Top |