09月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月


こんにちは!一般会員なりたてほやほやの”みにー”です!
家庭の事情で預かりはできませんが、預かりができなくてもできる事をして、
レッドハートの活動を微力ながら支えていこうと思い、入会しました( *´艸`)
預かりができなくてもできることって??と思ったあなたはこちらをご覧ください!

さて、タイトルにある、猫エイズと猫白血病の事。
気になる子がいるけどキャリアの子はちょっと・・と思っている!アナタ!!
それでいいのですか?運命の子かもしれませんよ???

猫エイズと猫白血病について少し記載させてもらいますので読んでみてくださいね♪


まずは気になる感染経路などについて簡単に。

■猫エイズ(猫免疫不全ウイルス‘FIV’感染症)
 感染経路→喧嘩による咬み傷等(高確率)
        グルーミングやトイレの共有(ほとんどない)
 キャリア猫ちゃんとキャリアでない猫ちゃんを同じ空間で飼われているかたもいらっしゃいます
■猫白血病ウイルス‘FeLV’感染症
 
感染経路→喧嘩による咬み傷等(高確率)
        グルーミングやトイレの共有(高確率)
 ※感染しても自己免疫で回復することがあるそうです。
 他に猫ちゃんがいる場合は常にグルーミングやトイレなどに気を付ける必要があります。

そして、猫同士でしか感染しないので、犬はもちろん人間にも感染しません!
先住猫がいない場合はもちろん、犬やその他の動物がいるご家庭でも、
キャリアの子を迎える事になんの問題もありません


「キャリア」というのは、病気の「タネ」を持っているけど、まだ「芽」が出ていない状態と考えるとわかりやすいでしょうか。
病気の「芽」が出ないまま、猫生を全うする子たちもいます。
もちろん、「芽」が出て「花」にまで成長して、虹の橋を渡る子もいます。
でもそれはその子の猫生。病気になる「可能性」が、他の子よりあるよってこと。

病気になる「可能性」って・・・今健康な猫ちゃん達にも当てはまりませんか?
結石や腎不全、膀胱炎などなど・・・この腎臓に関わるおしっこの病気は、
猫ちゃんの食べ物や生活習慣、身体の個性によって、発症しやすい病気です。
もちろん、食べ物に気を付けたり、サプリメントなどで病気にならないように努力はできますよね♪

猫エイズ・猫白血病も同じです。

発症してしまってからは手遅れなこともありますが、発症していないうちは、
他の猫ちゃんと同じく、体にいいご飯をあげたり、サプリメントで免疫力を上げたり、
ストレスのかからない環境を整えたり、スキンシップを増やしたり・・・。
免疫は人間と同じでストレスがかかると一気に落ちてしまいます。
なので、毎日いっぱい遊んで愛情を注ぐだけでも、発症を遅らせることができるんですよ♪

考えていたよりも、そんなに気にすることではなかったのではないでしょうか?



我が家にもダブルキャリアの子がいます。
最初はもしかしたら発症してしまうかも・・・と肩を落としましたが、
そんなのどの猫ちゃんだっていつ病気や事故にあうかもわからない。
そう考えれば条件はほかの子とそんなに変わらないじゃん!

と前向きに考えるようにしました(*´ω`)
今元気に生きている時間を私たちの愛情でいーっぱいにして、
少しでも幸せな猫生にしてあげたい・・・
そんな気持ちでキャリアの猫と一緒に過ごしています。


病気を持っていても、幸せな猫生を送らせてあげたい・・・
レッドハートで家族を待っている子の中にも、猫白血病を持っている子がいます。
ネロくんです! ジャーン!

img1427288426682.jpg

譲渡会ではとっても恥ずかしがり屋でお顔を見せてくれませんが・・・(笑)
預りさん宅では色んな表情を見せてくれるネロ。変顔だって見せてくれます(*´з`)笑
ネロの預かりさんが書いた紹介ブログはコチラ


そして猫エイズキャリアのミーナ!!

1427321319082.jpg

耳が欠けていますが生活に支障はありません
とても人懐っこく、頭を撫でるとスリスリ、ゴロゴロおなかも見せてくれます!!
そんなおっとりミーナ、舌のしまい忘れがたまらなく可愛いでしょっ
ミーナの預かりさんが書いた紹介ブログはコチラコチラ




我が家のキャリアの子も黒猫ですが、すんごく性格よいです。
親バカ?いえいえ他の黒猫マスターに聞いても性格が良いとの声が
これは・・・黒猫に性格の悪い子はいない説ですね(笑)
そんな説の美黒猫の「ネロ」「ミーナ」を新しい家族に、ぜひ検討してみませんか?

ネロの募集ページ→ ねろ   

ミーナの募集ページ→



<猫エイズ(FIV)・猫白血病(FeLV)検査について>
生後6ヶ月以下の猫は正しい検査結果が出ない場合がある為、両感染症の血液検査を実施しておりません。
保護した時点で生後6ヶ月以上の猫のみ実施しています。検査を実施していない猫の血液検査を希望する場合、
検査費用は「検査を希望する方」の負担となりますのでご了承下さい。







一人でも多くの方に動物達の状況を知って頂き、新しい飼い主(里親)さまとの
出会いのきっかけになればと思いランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へにほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
ポチッとクリックお願いします

こちらも是非ご覧くださいね 
hp1.gif

facebookページもぜひご覧くださいね(^^)
facebook-bana.jpg


 ペット

| Top |